家庭教師・塾業界の限界

家庭教師・塾業界の限界

こんにちは!

一般社団法人受験コーチング協会代表理事鈴木詩織です。

 

 

塾講師、家庭教師の皆さん、今のお給料で満足していますか?

 

私は起業する前、

長年、家庭教師派遣会社で学習コンサルタントとして活動していました。

そんな中、昨今の塾業界の「限界」を感じるようになりました。

 

塾といえば、集団塾を思い浮かべるかもしれません。

ですが、ここ最近、

 

1:1

1:少人数

 

といった「個別指導塾」がものすごく増えています。

昨今の時代の変化はめまぐるしく、

お子さんのニーズも多様化してきていることが背景にあると考えられます。

 

しかし、個別指導塾で働く先生たちは、

アルバイト雇用だったり、業務委託である場合が多く、

正規雇用じゃないケースがほとんどであるという実態があります。

家庭教師に至っては、正規雇用である場合は、ほとんどないです。

 

そして、お給料はどれだけ指導したかの出来高制。

ですがここで、いろいろな問題が生じてくるんですよね。

 

 

1つ目は、おうちの方が支払う金額と講師がもらう金額のギャップから生じるものです。

 

 

おうちの人は、この先生は「1時間5000円の先生だ!」と思って

月謝を支払っているが、それに対して、講師料として先生に入るのは2500円。

 

 

おおもとの塾側が、手数料なりを差し引き、先生側に残る手取りが月謝の50%になるわけです。

 

おうちの人「1時間5000円も支払っているんだから、しっかり指導してくださいね」

 

塾講師「1時間2500円かぁ〜この程度だよな(心の声)」

 

 

おうちの人が求められているものと、講師側が提供しているもの

ここにズレが生じるんです。

 

 

 


つまり、

家庭が支払う講師料と講師が受け取る報酬の差が大きく、

費用対効果の面でトラブルが生じやすい。

 

 

ここが問題だと感じています。

 

 

 

 


そして、2つ目は、

個別指導塾などは講師の指導をしない(ことが多い)ことです。

するとしても、本当に簡単にしかしません。

ここに問題を感じています。

 

 

「先生教育をしないとまずい」そう感じている塾側も多いはず。

しかし、最終的には塾も家庭教師派遣センターも、そこに投資はしない。

(できないと言った方が正しいかもしれません。)

 

 

 

というのも、

複数会社を掛け持ちする講師も多く、講師教育に費用をかけづらいんです。

塾が力を入れて人材教育したとしても、

より時給の高いところに行かれてしまったり

 

 

大学生の講師を雇っている塾も多いので、結局卒業したら、

講師を辞めていっちゃう人もいて、

そうすると研修費用が無駄になるという事情もあります。

だから、仕組み上しょうがないのです。

経営判断としても正しいと思います。

 

 

 

一方、直接契約の家庭教師であれば、

お給料の額と提供する価値をすり合わせができる。

しかし、デメリットとしては、

トラブルがあった際に間に入ってくれる人がいないので自分で対処しないといけない。

初心者や副業でやる場合にはリスクは大きいと思います。

 

 

そして、コネがないと仕事が入らないので、安定した収入を得るのが難しいことも。

 

 


そして3つ目は、指導に関する限界です。

 

 

「わからないことを教えてください」

 

そこを教えるのが家庭教師塾講師の仕事ではあるのですが、

わからないところを教え続けても根本的な解決にはならないんですよね。

 

 

わからないところをつぶしてもまた出てくる。

もぐらたたき状態。

 

つまり、わからないことが出てきちゃう勉強の仕方を、多くのお子さんがしてしまっています。

 

 

わからないところが出てきたら自分で解決できるところまで導いてあげないと

ずっと、塾や家庭教師に依存する子になっちゃうというところなんです。

 

 

 

しかし、塾の側に立って言えば、売り上げ的にはそのほうがいいんです。

たくさん授業をとってもらって、たくさん指導に行ってお金をもらって

 

 

でも、講師がついている間は、成績をキープできるけれど

講師がいなくなったら「この子はどうなっていっちゃうんだろう」

と思っちゃうんですよね…。

 

 

 

一方、最近は学校教育も

「自立した人間を育てよう」という方針に変わってきています。

 

 

それに対し、多くの学習塾のやり方が「管理教育」

とにかくたくさん宿題出して

言われた通りにやっていきなさい!

言われた通りやれば受かるから!

そういう教育をしているんです。

 

 

これを続けている限り

「自分で考えて判断して行動し、結果に対して責任を持つ」

そういった自立心は育たないなぁと思うのです。

ここに塾業界の限界があるのではないでしょうか。

 

〜塾業界の限界〜まとめ

・家庭が支払う講師料と講師が受け取る報酬の差が大きく、費用対効果の面でトラブルが生じやすい。

 

・複数会社を掛け持ちする講師も多く、講師教育に費用をかけづらい

 

・管理教育は、塾側が収入を得るのにはいいが、子どもの本当の自立心は育たない。

 

 

 

今日はここまで。

いつも読んでくださりりがとうございます。

受験コーチング協会を作った3つの理由

受験コーチング協会を作った3つの理由

こんにちは!

一般社団法人受験コーチング協会代表理事鈴木詩織です。

 

今回は私がこの協会を作った理由をお伝えします。

 

 

ズバリ、この3つです。

 

  1. 受験コーチが足りない

  2. 日本全体の塾講師・先生たちの底上げをしたい

  3. 成果が出やすく、やりがいを感じる仕組みづくり

 


1、受験コーチが足りない ですが、

設立当初、私も含めてコーチは3人しかいませんでした。

 

ありがたいことに大変多くの方に

「受験コーチ」のご依頼をいただいております。

 

正直、コーチ3人では需要に対して供給が間に合っていない状況です。

そこで、より多くのコーチに活動して頂きたい、

という想いからこの協会を作りました。

 

 

受験をゴールとするんではなくって、

ひとつの手段として

受験を乗り越えるという経験を通して

 

 

高い学力はもちろん、高い非認知能力

つまり、自分をコントロールする力

コミュニケーション能力バランスよく身につけることを達成していく。

そのサポートができるコーチの集団を育成していきたいと考えております。

 

 

協会に属していただいたからといって

必ずしも、

こちらが依頼するお仕事だけをやらないといけないわけではありません。

ご自身のビジネスを生かしていただいても構いません。

 


2、日本全体の塾講師・先生たちの底上げをしたい について

 

今、家庭教師・塾講師で活動している人のほとんどは自己流なんです。

職人さんみたいな世界。一人一人バラバラでやっている。

 

 

そこに横のつながりを持たせることにより、

日本全体の塾講師・先生たちの底上げをしたいという想いがあります。

 

 

皆さんで問題や成功事例をシェアし合い、

みなさんで成長していける団体にしていきたいと考えております。

 

詳しくは、次回書きますが、

個別指導塾などは講師の指導をしないことが多いです。

するとしても簡単にしかしない。

私はここに問題を感じています。

(複数会社を掛け持ちする講師も多く、講師教育に費用をかけづらいという現状があります)

 

 

そこで、この協会に属していただくことで、

コーチにしっかり学んでいただくことができます。

 

 

ご自身のスキルUPに繋がりますし、

「自立した人間になってほしい」という

親御さんの本当ニーズにあったものを提供できると考えております。

 

 


3、会社がコーチを直接指導するのは、仕組みとして困難 について

 

新おうち受験コーチング

3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月などさまざまなプログラムがありますが、

それを会社が各ご家庭に提供します。

保護者に直接指導・サポートをします。

 

コーチ陣は子どもたちを自立に導く学習指導(主にコーチング)を行います。

 

会社がコーチを直接指導するのは、

仕組みとして難しいと考えたので協会として別に作りました。

 

コーチ陣に対しては協会から指導します。

個人でお仕事をとってきたい場合は、

営業力などビジネススキルについても教育します。

 

 

認定書を発行することにより差別化をはかりますので、

高価格の仕事を請け負うことができます。

 

 

また、初心者でも低リスクでスタートでき安心です。

コーチとして

成果が出やすく、やりがいを感じていただける仕組みづくりを考えました。

 

以上が、私がこのおうち受験コーチング協会を立ち上げた理由です。


 

自分なりの考えを持ち

自分なりの解決策を提示していける子どもを育てる。

そうすることで、未来は確実に今より良いものになっていくと考えます。

そのためには、あなたのお力が必要です。

一緒に「おうち受験コーチング協会」で活動していきましょう。

自己紹介

自己紹介

はじめまして!

一般社団法人受験コーチング協会代表理事鈴木詩織と申します。

 

「塾・家庭教師・通信教育なしで、成績最下位のお子さんに

 トップ校レベルの家庭学習習慣が身につく」

 おうち受験コーチング

 

おかげさまで多くの方にご利用いただいております。

2019年8月に個人で起業をし、2020年には年商1000万円を達成!!

個人事業主としてひとつの目安になるところを無事クリアでき、ホッとしています。

 

 

 

この「おうち受験コーチング」ですが、

お子さんたちに勉強のやり方を伝え、

親御さんたちには声かけや環境設定の方法をお伝えしています。

 

 


私は、小学生の頃から「学校の先生になりたい」と思っていました。

中学、高校と進んでいく中でも「教員」を目指していましたが、

大学進学の時に、ある想いが自分の中にあるのに気づきました。

 

 

 

「わたしは教員をやりたいのではない。

 日本の教育そのものをもっとよくしたい、変えていきたい!」

 

 

 

そこで、名古屋大学教育学部に進学し、

「比較教育学」様々な国の教育制度を学びました。

 

 

その後、お茶の水女子大学大学院に進学。

「教育社会学」を学び、

 

 

 

 

「親の経済状況・文化的背景」によって

「子どもの学歴達成、職業達成」が変わってくることに、

特に興味を持って研究していました。

 

 


なぜそこに興味を持ったか。

 

私が育った愛知の工業地域には

「女子は別に大学に行かなくても…」という考えが根強くありました。

 

 

私自身も親に「大学に行け」なんて言われなかったし、

「高卒で働いていいんだよ」ということも言われました。

 

 

周りにはもちろん勉強できる子もいましたが、

自分の進路と勉強は関係ないんだ、ということを知ると途端に勉強しなくなる。

 

 

「今の成績でもいいや」って思っちゃうんですね。

これはなんでなんだろうな〜ってずっと思っていたんです。

 

 

「うちはお金がないから、早く就職してお金を入れて欲しい。」

なんて言われ、高校出て就職する友達もいました。

 

 

 

当時はそれを聞いて、「本当にお金ないんだなー」って思っていました。

しかし、大学に行って気がついたんです。

 

 

「大学はお金がなくても、奨学金をもらえば行ける!」

そう、大学に進学しなかったのは、

完全にお金の問題じゃなかったってことなんですよね。

 

 

 

 

もちろん大学に進学することだけが全てじゃないって思っています。

高卒で働いて、その人が幸せに自分の人生を生きているのであれば、

それは素晴らしいこと。

 

 

 

 

でも、私が見てきた限り、「自分で望んで選んだ」というより

「なんとなくそうしなきゃ」で自分の進路を選んでいく子が多い

ように感じたんです。

 

 

 

「親の経済的な状況や職業によって

  子どもの進路が決まるのであれば、それはなぜだろう」

 

当時の私は、一生懸命研究していました。

 

 

 

 

しかし、研究というのはとても地道な作業で、

「いつになったら子どもたちを救えるんだろう」

 と先が見えなくなったんです…。

 

 

子どもたちには自分で自分の未来を切り拓いていってほしい!!

 

 

 


そこで

私は、家庭教師派遣会社で学習コンサルタントとして働くことにしました。

それぞれの家庭を訪問し、子どもたちのやる気をあげ、​成績を上げる!

というのが私のミッションでした。

 

 

12年間で3486組以上の親子と関わる中で、あることに気づきました。

それは、親の関わり方次第で子どもの学習意欲が大きく異なってくるということ。

 

 

 

 

塾や家庭教師は

基本的にはお母さん自身が変わろう思ってお願いされる事は少ないです。

「お金は払うのでなんとかしてください!」というのが現状。

 

 

しかし、お子さんだけにアプローチしても何も解決しないんです。

 

 

そこに限界を感じ、

独自に研究を重ね、子どもの性格に合わせた声がけの仕方と、

誰でもできる効率の良い学習方法を確立したのです。​

 

 

 

 

私が子どもたちに伝えているのは、

勉強の中身よりも「やり方」そして「自分で未来を切り拓く方法」

 

 

 

これを伝えることで、勉強を教えていなくっても

自然に子どもたちの成績がどんどん伸びていったんです。

おかげさまで多くの方にご利用いただき、本当に結果が出ていきました。

 

 

 

 

受講されたご家庭からは、

 

  • 「ただ成績が伸びただけでなく、こどもたちが生きていく上で必要なことが得られた。」

  • 「受験を乗り切るだけでなく、それ以上のものが得られました。」

  • 親子関係改善し、コミュニケーションがとれるようになった。」

  • 「お母さん自身が楽になった」

嬉しいことに、こんなご感想をたくさん頂いております♪

 

 

 

これは、本当にお役に立てることなんだなと実感し、

もっともっと広げていきたいと思ったんです。

 


 

そこで、2021年2月に一般社団法人受験コーチング協会を立ち上げました。

 

 

皆さんで問題や成功事例をシェアし合い、

互いにつながり成長していける団体にしていきたいと考えています。

協会を作った理由については次回詳しく書かせて頂きますね!

 

 

以上、少し長い自己紹介になってしまいましたが、

最後まで読んでくださりありがとうございました。