こんにちは!
一般社団法人受験コーチング協会代表理事の鈴木詩織です。

 

自宅にいながら月30万円以上安定に稼げる、
カリスマ講師への魔法のステップ!

 

〜〜魔法のステップの特徴〜〜
集客 ①無理しないブランディングでストレスなく付き合える顧客が集まる
営業 ②共感営業力で、売り込まなくてもほしいと言われる
教務 ③9つのタイプ別コーチングで一人一人の個性に合わせた伸ばし方がわかる

 

 

前回は

個性に合わせた伸ばし方がわかる9つのタイプ別コーチング①

 

・9つのタイプ別コーチングは、科学的にも証明されている性格診断エニアグラムから生まれた。

 

・9つのタイプ別コーチングで、その子に合った声かけをしていくことで、

 お子さんたちが無理なく無駄なく勉強を習慣化することができ、成績がどんどん上がっていく。

 

ここまでをお話ししましたね。

 

 

今回は

③−2 個性に合わせた伸ばし方がわかる9つのタイプ別コーチング②

 

 

具体的に、それぞれのタイプの特徴とそれにあった声かけNG対応についてお話ししていきますね。

(今回はタイプ1〜5まで。タイプ6〜9は次回)

 

診断はこちらからできます♪

https://resast.jp/page/fast_answer/7867

 

 


タイプ1 完璧にやりたい子

(理想を掲げ、常に頑張りたい子)

 

誰かに言われた、あるべき姿ではなく、

自分自身で理想の状態を決める。

そこに対して、ストイックに努力できるタイプ。

理想を掲げて常に頑張っていくお子さんです。

 

🔸うまくいく時

 

・ より高い目標を設定する

(キチッと定まるとちゃんとそこに行ける)

 

・ 目標達成に必要なことを、広い視野で伝える

(頑張り屋さんだけど視野が狭くなりがち。コーチからこの目標に行くときはこんなことも必要だよ~と提示してあげると良い)

 

・ ニーズに応える・不安を解消する

(ききたいことをまとめてくれている。しっかり答えて不安を解消してあげることが大切。)

 

🔹うまくいかない時

 

・ 努力すること自体に満足し、効率を求めない

(ここはやらなくていいよってところも頑張りすぎちゃって効率ダウンしちゃうことも。)

 

・ 真面目なお子さんが多いので頑張りすぎちゃう。

 力が入りすぎて本番で実力を出しきれない

  →メンタルフォローが重要(リラックスする方法を伝える)

 

・ 息を抜くところをアドバイスしてあげる

(勉強に関しては放っておいてもやっちゃう。150%でやってくる。)

 

 

🔸NGな対応

 

 

・ 約束を破る(自分のことを軽んじられてると感じちゃう。)

 (万が一、何かで約束を守れなかった場合、素直に謝ること。真摯に対応してくれると納得してくれる子)

 

 

 「とりあえずやろう、やってみないと分からない」 そういうのはあまり好きではありません。

 

タイプ2 人の役に立ちたい子

(人のためにコツコツ頑張りたい子)

 

 

このタイプに分類される子は表情がニコニコしている感じのお子さんです。

困っている人がいたら助けずにはいられない、

人の役に立っている自分、

頼りにされていることに心地よさやプライドを感じています。

 

 

自分のため、より人のために、世の中のために頑張るのが好き。

 

 🔸うまくいく時

 

・ 人間関係のストレスがなく、

 やるべきことが明確でそのための時間を取れるとき。

 

(目の前の人間関係に左右されがち。

なので、人間関係がうまくいっているときは、勉強もうまくいきやすいです。)

 

 

🔹うまくいかない時

 

・ 頼まれごと、やるべきことでキャパシティーオーバーになってしまっているとき。

(基本、根が真面目なので言われたことをやれる。いい子なので頼まれちゃう。)

 

・ 友達関係で悩みがある、モヤモヤを話す相手がいない

(友達関係悩み、悩みの吐き出し先がない、話す相手がいない時)

→悩みを吐き出させてあげるといい

 

 

🔸NGな対応

 

 ・利己的になりなさい(「もっと自分のことだけ考えなさい」という言葉は、好きではありません。)

 ・叱る回数が多い(自分はお役に立てる人間なのに、「あなたの力では不十分よ」と言われている気分になり、落ち込む。)

 ・競争心をあおる(基本人には譲ってあげたい、人を押しのけてまで、しゃしゃりでるのは嫌い。)

 

 

 

タイプ3 成功したい子

(成功と称賛のために努力できる子)

 

よく聞かれるのがタイプ1との違いです。

タイプ1の子は、自分で立てた目標に対してどんどん行ける。

クラス1位では満足できない。もっと上もっと上となっちゃう。

 

 

それに対して、タイプ3の子は、他人ありき、人から見て成功していると思えることに重きをおきます。

 

 

🔸うまくいく時

 

・ 皆から褒められそうな目標に対して、達成するための

  プロセスが明確で「うまくいきそう!」と思えるとき

 

 

🔹うまくいかない時

 

・ 注目されない目標、終わりの見えない地味な作業

 

・ うまくいくと信じられない時

(あくせく努力するより誰も見ていないところで努力することを好みます。

 

 スマートにやれている、できる人と思われたい

 

 

🔸NGな対応

 

・ 結果ばかりに注目する(省けるところはなるべく省いちゃいたいタイプ。プロセスを褒めてあげること)

 

・ 成功を誉めない

 

・ 省略したり楽することを否定する

 

 

タイプ4 個性を大切にする子

(独自のやり方でうまくやりたい子)

このタイプは、思いっきり明るく弾けている時と落ち込み暗い時との感情のギャップがある子。

「自分流でうまくいきたい」という想いを持っています。

 

🔸うまくいく時

 

・ 気持ちが安定しているとき

 

・ 自分のやり方を認めてもらえていると思えるとき

 

🔹うまくいかない時

 

・ 悲観的な感情に浸っている時とき(「どうせわたしなんてだれも認めてくれないし」悲劇のヒロインに酔いがち)

 

・ 疑心暗鬼になっているとき(「だれも私のこと信じてくれないし…」)

 

→   傾聴・承認が効く

 

 

🔸NGな対応

・「あなたは平凡でつまらない人間だ」と言う

 

・ 他人と比較する

 

 

 

タイプ5 知りたがり屋さん

(たくさんの知識で自分を満たしたい子)

 

自分は知識がないと空っぽな人間かも、という不安がある子です。

知識で自分を満たしたいと思う子が多いです。

 

 

🔸うまくいく時

 

・ 落ち着いて一人でいられる時間が確保されているとき

 

・ 知的好奇心をくすぐる課題、好奇心を満たす環境

(おもしろいな~とのめり込める環境。辞書や図鑑などが好きな人が多いです。

自分を満たす環境に身を置き、ワクワク楽しい!と思えることはとことんやるタイプです。)

 

・ やる理由を理屈で納得できるとき

 

 

🔹うまくいかない時

 

・ 権威的な態度で押し込まれる(先生の言うことは絶対だから!)

 

・ マルチタスクを要求される(色々なことを同時にやるのは得意じゃないことが多い。)

 

 

🔸NGな対応

 

・ 「もっと積極的になりなさい」と言う

(このタイプの子は、実は心の中はとても積極的

 でも手をあげたりしないんです。なんで「手を挙げないといけないの?」と思っている。

 良かれと思って、積極的になることを求めて、色々連れ回しても、トラウマになってしまうこともあります。)

 

まとめ

それぞれのタイプの特徴とそれにあった声かけNG対応がある。

 

タイプ1 息を抜くところをアドバイスしてあげる

タイプ2 悩みを吐き出させてあげるといい

タイプ3 プロセスを褒めてあげる

タイプ4 悲観的になっている時は傾聴・承認

タイプ5 知的好奇心をくすぐる課題、好奇心を満たす環境をつくってあげる